プロフィール

ruriyanagi

Author:ruriyanagi
姉小路ちゃんと同居はじめました

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

たわいもない毎日の事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェーその5
ノルウェー4日目は、Fumieちゃん、DD君がノルウェーで知り合われた、ノルウェー人のお友達ANさんがハーダンガーフィヨルドに連れて行ってくださいました。
DSCN4347-3.jpg
まずはじめに、大きな滝~。
「滝の近くまで行かれるよ~。行くなら、滝の向こう側で拾ってあげるよ。でも数年前に新婚旅行で来た人が落ちてなくなったから・・・」とANさん
わぁお。見に行きたいけど、風もかなり強かったので、遠くで眺めるだけにしました。
新婚旅行で亡くなるなんて・・・とてもせつないですね。。。

DSCN4352-3.jpg
はい。こちら別の滝です。実はこの滝、裏側を歩けるんです!が!しかし、見ての通り工事中(泣)
滝の裏側ってなんてことないんですけど、ちょっとワクワクしちゃうんですよね。あ~残念。きっとシーズン本番に備えて急ピッチで工事してるんでしょうね。

4952_0019-3.jpg
牧草地?かな?小さな白いお花がいっぱい咲いててきれいでした。このあたりはりんごが有名らしく、りんごの木がいっぱいありました。でもお花はまだちょっとしか咲いていなかったですが・・・。
DSCN4380-3.jpg
↑りんごの花

DSCN4381-3.jpg
日本にはない風景でけっこうお気に入りです!・・・・電線じゃま。。。
教会の感じもいいですよね。絵になるわぁ。

4952_0021-3.jpg
海です!フィヨルドです!お天気がちょっと曇りだったので、氷河がみにくいですね。残念。
ハーダンガーといえば刺繍?らしいです。
DSCN4369-3.jpg DSCN4370-3.jpg
宝石屋さんの前でANさんの説明を聞いていたら、お店の人が中に入ってみていいといってくれました。
マネキンさんが着てるのはハーダンガー刺繍で作られた民族衣装。結婚式で着たりするらしいです。地域ごとに刺繍とかが違うらしく、衣装でどこの出身か分かるんですって。この衣装は結婚式でレンタルしてるらしいですよ。

DSCN4364-3.jpg DSCN4367-3.jpg
こちらの小屋ですが、屋根が昔の造りになってたので、興味津々で見ちゃいました。
天然石のスレートで葺かれています。今はきれいな四角形の石を使っているみたいですけど、これは不規則な板石を組み合わせて葺いてました。

DSCN4377-3.jpg
造船所で見学もできたので、見せてもらいました。
見学といっても・・・「ホントに入って大丈夫?」みたいな感じのところを見て回ってました。一応展示物みたいなのもあったのですが、結構無造作で「置いとくから見といて!」みたいな感じでした(笑)
DSCN4372-3.jpg
船底に使う木です。切り出したり、曲げたりするのではなく、あらかじめ曲がったところを使うとのことです。

DSCN4376-3.jpg
造船所もたくさんあるみたいです。ノルウェーの人は船には熱い思いがあるらしいですよ。
やっぱり海が近くにあるからですかね?内陸でも海ですものね。

造船所の近くでお昼にしました。そこで・・・・ANさんが取り出したお弁当は!!!
「あ~。昨日話してたやつ~!!」
DSCN4371-3.jpg
超テンション上がって、写真取らしてもらいました(笑)
「これがリアルノルウェー人のお弁当だよ」って教えてくれました。後で聞いたのですが、間に挟むクッキングペーパーみたいなのは、サンドウィッチサイズで売っているらしいです。切ってはさむんじゃないんですね~
いや~。ホントシンプル

DSCN4388-3.jpg DSCN4391-3.jpg
フィヨルドの周りをぐるりと回って、最後に対岸までフェリーで渡ってハーダンガーフィヨルドの旅は終わりです。

4952_0017-3.jpg
対岸までは20分くらいらしいです。すぐですね。↑は建物の下に船着場があるお家です。日本で例えると、伊根の舟屋ですね。生活に密着した無駄のない造りですよね。

ベルゲンに戻ってきて、近くのスターブ式教会を見に行きました。
DSCN4399-3.jpg DSCN4402-3.jpg
スターブ式教会は木造の教会です。バイキングの船がモチーフなんですって。こちらは移築してきたらしいのですが、放火されてしまいオリジナルはなくなってしまったらしいのですが、外観を復原したんだそうですよ。
外観が黒いのは木タールを塗っているとのことです。タールで雨をはじいているんですね。最初見たとき、遠かったので焼き板にしてるのかと思いましたが、タールの黒さでした。
スターブ式教会は現在は28棟くらいしか残っていないそうです。でも、11世紀から12世紀のものが現存するのがすごいですけどね。
DSCN4400-3.jpg

スターブ式教会を我が物顔で歩くスターブニャン

ソグネフィヨルドもよかったですが、ハーダンガーフィヨルドもとてもキレイでした。

DSCN4666.jpg
よかったニャね。
あたちもスターブニャンと遊びたいニャン









スポンサーサイト

この記事に対するコメント

いぇーい!
今回もナイスショットが盛りだくさんですね(^-^)/
お話もとっても面白かったです!
「置いとくから見といて!」って、まさに、その通りでしたね^^
スターブニャンも、可愛かったですね☆
【2014/06/12 03:40】 URL | Fumie #- [ 編集]


フィヨルド って私よく知りませんでした この氷の壁?
山みたいにみえるのがそうなんですね〜
この民族衣装 かわいいですけど 冠がすごい〜
滝を工事してるのはすごく異質な感じがしますね^^
滝の裏がわ 私もワクワクします
このへんは木造の建物が多いのですね 
天然石のスレート!重そう…いい味でてますね^^
あ〜このスターブ式教会何かで見て行ってみたい〜と思っていました
中がどうなってるのかな〜
タール?!…とググったら石油由来のことを連想してて
燃えやすい?と思いましたが
木タールって防水用に塗ってるんですね 
ちょっと勉強しました^^ 
似たところでロシアの木造の教会も見たい〜
【2014/06/12 17:05】 URL | みきたろう #- [ 編集]


今日もとっても盛りだくさん!!
楽しませていただきました〜
いいなあ、この景色のなかにいたんだもんね、るりさん…
名物サンドイッチもしっかり胃のなかに…?
屋根の葺き方に食いつくところは流石、お仕事柄だわ^^
でも私も興味津々〜教会といい、とっても味のある建物ですよね。
スターブニャンも可愛いわあ。姉ちゃんといいお友達になれそう♪
【2014/06/12 20:31】 URL | usainu #- [ 編集]

ばいじんぐぅ~!!
あっ!この教会、TVで見て、凄い素敵だな~って思っていたのよ~♪
屋根の材質に着目されるるりちゃん流石~!そっか、タールなんですね~。
どことなく屋根のカンジとか、トラジャ族のお家の屋根にも似ているような気が。
遠目だと日本の古民家風にも見えるね~建築って面白い~!
北欧は落ち着いた色合いが凄い好みです♪北国色なのかな?(笑)

そのうち是非、姉ちゃんを触らせて下さいね♪
【2014/06/14 21:37】 URL | いとうとしこ #- [ 編集]


fumie様
ホントあの工場は展示場と言うよりはまさに工場見学だったよね。
日本だったら「入らないで」って怒られそうな感じだよね。

みきたろう様
フィヨルドとは氷河で削り取られた地形のことなのですが、氷河の流れた後は両脇切立った崖が残るのでしょうね・・・独特の地形ですよね。
天然石のスレートは結構厚かったです。もっと薄いと思ってたので意外でしたよ。

usainu様
名物サンドは写真だけです(笑)私はDDくん作のお野菜たっぷりサンド食べましたよ~
日本にはない景色を見れるのはとても幸せなことですよね。私も感動しまくりでした。帰って写真を見てみると意外と写していないんですよね(泣)

いとうとしこ様
そうでしたね~。としこさん北国のお方でしたね。なんとなく共通する部分があるかしら?
昔の人の知恵ってすごいですよね。ついつい職業病で(笑)

ぜひぜひ姉ちゃんにも会いに来てくださいね
【2014/06/22 20:45】 URL | るり #hQytGWzM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ruriyanagi.blog34.fc2.com/tb.php/173-53137e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。